長野県企業局発電所

美和発電所

南信

美和発電所(みわはつでんしょ)は、長野県電気事業初の発電所として昭和33年から運転を開始しました。この発電所は美和ダムの直下に位置し、同ダムから発電用水を取水し、最大出力12,200キロワットの発電を行った後、高遠湖(高遠調整池)に放流をしています。

発電所情報

所在地 長野県伊那市高遠町勝間
最大出力 12,200kW
最大使用水量 25.6㎥/s
最大有効落差 58.85m
型式 ダム式
水車型式 立軸フランシス
運転開始 昭和33年(1958年)2月11日
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=b16Uho9frJ8